水道メーターボックスのフタ(補修部品)について【有償販売】

西尾市内で鋳鉄製の水道メーターボックスの変遷

1.西尾市、幡豆郡一色町、吉良町、幡豆町それぞれ独自だったようです。
2.西尾市のボックス形状に統一(おおむね) (2世代前)
3.止水栓が変わり、ボックスの形状が変わりました。(1世代前)
4.製造メーカーのボックス製造撤退により製造元が変わりました。(現行)

2世代前は、微妙にサイズの違う複数のタイプがあります。1世代前はマークの違うタイプのものがあります。

在庫状況

2世代前
口径20mm用(約19cm×約40cm)
 ※製造終了から年数も経過しており、口径13mm/20mmともに在庫はありません。


1世代前

 口径20mm用(約20cm×38cm)・・・在庫なし(2022.08.23終売)
 口径13mm用(約17.5cm×28cm)・・・20枚くらい
 ※製造メーカーのボックス製造撤退により、再販の見込はありません。

現行型

フタのみの販売はありません。
耐荷重14トンと割れることが想定できないためメーカー販売がありません。

補修部品がない場合の対応方法

1.現行の水道メーターボックスに一式交換おすすめ
 現行タイプは、フタ・枠がFCD(ダクタイル鋳鉄)製で、T14(加重14トン)まで耐えるものになっています。
 ですから、簡単にフタが割れることはないと思います。
 当組合で、ボックス一式の販売をしています(お問い合わせください)。
 交換は個人では難しいこともある(水道配管を傷つけるなど)ので水道業者に業務依頼してもよいでしょう。

2.鉄板などを上にかぶせておく暫定
 文字通り、鉄板やブロックなどをボックスの上に置いておきます。
 ただし、2か月に1度「水道メーターの検針」があるので、検針員さんが容易に開けて水道メーターの指針が確認できるようにしておく必要があります(西尾市水道事業給水条例第17条第3項)。